スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
<< まーくんはーと♡(╹◡╹)♡ | main | アニソン考察。(ブログ更新!) >>

りすあに!

 最近、ひらがなの題名に凝ってるおかむぅです(^^♪ この前の日記に書き忘れたんですけど、まーくんに会った日、ライブと打ち上げに、なぜか(ってお友達だからですけどwww)日ハムの『田中幸雄コーチ』の奥さんも来てはりました(笑) めっちゃ話しやすい気さくな方で、大いに盛り上げていただいてありがとうございます(^^)/ あのメンツ、濃かったなぁwww さて、リスアニ!ですけど、今日からはしばらくアニソン、ゲーソンについての考察を自分なりに書いていきたいと思います。 僕はやっぱりこのジャンルが好きで、非オタの人にすごいって言わしたい!!(笑) こんな自分勝手な理由で、何回かに分けてお送りしたいと思います\(>ワ<)/ リスアニ!という雑誌が何なのかは各々調べていただくとして、簡単にいうと、アニソンというジャンルだけにフォーカスした音楽雑誌で、現在2冊のみ発行されています。 いわゆる季刊誌ですので、ボリューミィかつ深い考察、そして鋭い切り口の記事を載せた、なかなか素晴らしい雑誌です。 さて、その『リスアニ!』を読んで思ったことを、徒然なるままに書いていこうと思います。 ① supercellが11人もいてびっくり! ryoさんが中心の集団ということは知っていたのですが、そんなに人数がいるとは思わなくてびっくりしました(笑) 最近(いい意味でも悪い意味でも)なにかと話題のボカロシーンですが、音楽としてだけではなく、ビジネスモデルとしても新しい道を進んでいますね! ボカロとして新しい楽曲が作られ続け、さらにはそこから今度は注目度の高いものを抽出して、今度は人の声として発表していく。 今後が非常に楽しみなトコロですね。 是非とも、ryoさんにはグラミー賞を獲っていただきたいですね♪ ② アリス☆クララ そういう意味では、ボカロシーンで有名な、livetuneのkzさんが手がけた中学生、『アリス☆クララ』はこれからが楽しみです!! 「歌ってみた」では、そこそこうまいけど普通、だった女子中学生二人が、kzさんの手によって素晴らしいボーカリストに生まれ変わったことは、見事の一言。 秋アニメの『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のOPも担当するようですので、みなさま注目してはいかがでしょうか☆ 最初はこんなもんで(笑) アニソンシーンの評価や、僕の意見として一貫していることは、 『常に新しいチャレンジがある』 ということ。 これが、今の人気の原動力になっているのではないでしょうか? みなさんは、どう思われるのでしょうか? リスアニ!では『アニソン』についてしか書かれていませんでしたが、僕としては、さらにその先の新しさを追求しているのが、じつは『エロゲソン』のカテゴリーではないかと思います。 次回は、業界内でのアニソンの評価、位置づけ、僕のエロゲソンに対する考え方何かを書きますね(^O^)/
| 音楽 | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 18:28 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
url: http://haradasatoshi.jugem.jp/trackback/33

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
泣きたいときにはタペストリーを
穢翼のユースティア 超期待しています!!
『穢翼のユースティア』は今冬発売です。
My Tweet !
ブリキさんマジ絵がエロいっす!
僕は
友達が少ない 特設サイト
もう終了したけど、マジよかったっす!
あかべぇそふとつぅLIVE 2011
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM